お部屋のご契約には
大学生協の学生総合共済等への加入が必要です。

北見でお住まいになるお部屋を生協でご契約する際には、【火災共済+学生賠償責任保険】への加入が必須条項となっています。加入がない場合は、お部屋のご契約が無効になる場合がございますのでご注意ください。

※生協以外でお部屋をご契約された場合は生協共済で対応していただける場合がありますので契約した会社の方へお問い合わせください。

加入が必要なその理由は

「火災共済」は自分が借りたお部屋や自分の家財に対する保障です。
 火災を起こした場合はもちろん、北海道の特に北見地方は冬期間の水道凍結破裂事故が多発しています。もちろん破裂しないように対処する方法(水抜き)はありますが、手順を間違ったり不完全だったりすると破裂の危険性があります。万が一、水道管が破裂してしまうとお部屋の修繕等で多額の損害を賠償しなくてはいけません。

「学生賠償責任保険」は他人のお部屋や他人の家財等など、他人に対する賠償責任を保障します。
火災や、水道管破裂などは自分のお部屋だけではなく隣接するお部屋にも損害を与える場合が多いため上記の火災共済とセットでの提案になっています。

上記の「火災共済」と「学生賠償責任保険」には必ず加入していただくことになります。

このほかに、契約に必ずしも必要というわけではありませんが「学生生活110番」というものがあります。こちらは、一人暮らしをしていくうえで起りえる様々な悩みやトラブル等について相談や駆けつけサービスなどのサポートをしていますので、加入されていると一人暮らしをするうえでさらに安心です。

※学生生活110番は共済保険とは別のサービスです。

これらの大学生協の学生総合共済等について、詳しくはこちらをご覧ください。

ここまでは、お部屋のご契約に必要な共済と保険等のお話でしたが、ここからはその他の共済と保険についてのお話です。

在学中の一人暮らしには何が起こるかわかりません。
大学生協では、学生さん本人が病気やけがをした場合のために「生命共済」や、保護者さまにもしもの事態が起こった後に、発生し、負担された学資費用を保障する「扶養者死亡保障保険」などもございます。

学校の授業や就職活動時のインターンシップなどでは、「生命共済」と「学生賠償責任保険」の加入を求められる場合があります。
特に、「学生賠償責任保険」は大学の正課の講義、行事、実習などにおける賠償責任にも対応しています。

これらの申請手続きや不明な点のお問い合わせは、<生協サービスカウンター窓口>でできますので煩わしさもありません。
イザという時のために万全の備えをしておきましょう。